トップ  >  経済  >  増税を終えた2014年、5月と6月は電気料金大幅値上げの時期。

                    

増税を終えた2014年、5月と6月は電気料金大幅値上げの時期。

2014.05.05 (Mon) |  経済

industries-88449_640

増税分公共料金が値上げになるのは覚悟しておりましたが、まさか電気代が大幅値上げ??!電気料金の大幅値上げに気をつけろ!絶対に知っておきたい5月6月の電気代値上げ情報という気になる記事を発見!

4月までは、ほとんどの電力会社が経過措置として消費税を5%に設定していました。
5月になったので、電気料金にも消費税8%が適用されます。

また、九州電力によると一般家庭で電気料金は355円の値上げだそうです。

たった3%の値上げじゃん、と思いますが年間〆て下さいよ。特にオール電化だとね、年間5000円前後の値上げも予想出来ますよ!

また増税だけには留まりません。

7社が一斉に電気料金の値上げをするのが今年の6月。原子力発電所の停止や、液化天然ガス(LNG)など高コストの燃料費の値上げが原因です。

これはガス代金にも影響あるのだとか。結局は年間で10000円くらい値上げは必死か??!他のあらゆる消費に増税がのしかかってくるから・・・年間10万円くらい支出になりそうな気がするんですが・・・今更文句言っても何も返ってはきませんが。

あ、ちなみに賃貸住宅などの借家費用に消費税が課税出来ません。もし、大家が増税分値上げです、と言ってきたらそれは嘘ですので気をつけましょー。

 



関連する記事

▲次の記事:七転八起の読み方。”しちてんはっき”と”ななころびやおき”どっち?
▼前の記事:脇汗や不快なアンモニア臭は自作のミョウバン水で撃退だ!100円で出来る匂い対策



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map