トップ  >  一般ニュース  >  セブンイレブン、全都道府県出店に向け高知や青森などのJRキオスクをセブンイレブン化を検討

                    

セブンイレブン、全都道府県出店に向け高知や青森などのJRキオスクをセブンイレブン化を検討

2014.05.18 (Sun) |  一般ニュース

20140518203437
Via:セブン-イレブン~近くて便利~

セブン-イレブン・ジャパン(東京)が空白の4県(高知・青森・鳥取・沖縄)に出店を検討していると報道されています。セブン―イレブンない県、ゼロへ 沖縄出店を検討といく記事です。

高知、青森には2015年にも出店できるよう、弁当や総菜などをつくる提携業者の専用工場と商品の供給態勢を整えている。鳥取でも、こうした出店準備を始めた。街なかに店をつくるほか、この3月に提携を発表したJR西日本の駅にある「キヨスク」などが、遅くとも19年春までにセブンに衣替えする。

手段が目的になっているような気がするんですが・・・有り物のキオスクをセブン化しても社会貢献度って高いんだろうか??ちなみに神戸市営地下鉄のUラインショップは全てファミリーマートへ変わりました。非常に流行っております(どうでも良いか)

鳥取県ってスターバックスも睨みをきかしているんですよね?確か。人口は一番少ないのは島根県の筈なのに、一番ど田舎扱いされる鳥取県ってどんな県なんだろうか??鳥取砂丘とか行ってみたいお(´・ω・`)

宿、一番の自慢でもある温泉は、自家源泉かけ流し100%です。はわい温泉のお湯は、山陰八景のひとつ東郷湖の湖底から湧き出ています。

   

 



関連する記事

▲次の記事:トイレにいく回数が少ない人ほど太る?!むくみの原因・・二日酔いも??!
▼前の記事:一世帯の平均貯蓄は1739万円。は、嘘?本当は100万円未満



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map