トップ  >  健康  >  頭痛の場所で何を食べ過ぎているかが分かるのと頭痛の原因

                    

頭痛の場所で何を食べ過ぎているかが分かるのと頭痛の原因

2014.05.24 (Sat) |  健康

頭痛

頭痛の原因ってなに??一説では脳内の血管が急激に拡張して起こるのが片頭痛だと言います。後は寝不足やストレスなどで筋肉が固くなり(血流が悪くなり)頭痛がする・・などが挙げられますね。

頭痛の場所でわかる「あなたが何を食べ過ぎてるか」のNG警告 と言う記事では、頭痛の位置で何を食べ過ぎたかが分かるそうなんですよ!どう言う意味なのか??!

頭のてっぺんが痛い

腸が弱っているサイン。卵や動物性食品を食べ過ぎていると考えられます。

頭の左側が痛い

肝臓に負担がかかっており、脂肪の代謝が悪くなっている証拠。左側が痛いときは、砂糖や果物、スパイスなどの刺激物を食べ過ぎていることが多いです。

頭の右側が痛い

頭の右側が痛い場合は、肉類、卵、チーズ、塩分の多い食べ物、小麦粉を使ったお菓子、スパイスなどの刺激物を食べ過ぎていると考えられます。

後頭部が痛い

腎臓がタンパク質を代謝しきれていないと、後頭部に頭痛が出やすいです。

こめかみが痛い

この場合は、胃腸の疲れが原因と考えられます。砂糖、チョコレート、果物などの甘いもの、アルコール類、頭痛薬を取り過ぎているかもしれません。

こめかみが痛い・・・のは僕です。頭痛薬もアルコールも大好きです。って頭痛薬が好きって表現はおかしいか、なんせ良く服用します。

ダメなんでしょうけど飲酒中でも頭痛薬を飲んでしまう程です。これって肝臓にもダメージがいくんでしょうね、胃にも。

そう、僕は慢性的な頭痛持ちです。全てにおいて気をつけないといけませんね。

 



関連する記事

▲次の記事:痒いかゆい!お風呂の温度が影響、原因かも。「シャワーとお湯は40度以下で」
▼前の記事:【動画あり】日本語に聞こえる映画特殊が1人でも笑えすぎた件!【しょ~べ~ん!】



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map