トップ  >  健康  >  アメリカでは盲腸の手術をするだけで100万円以上もの医療費を負担しないといけないらしいぞ!

                    

アメリカでは盲腸の手術をするだけで100万円以上もの医療費を負担しないといけないらしいぞ!

2014.05.25 (Sun) |  健康

medicine-91754_640

日本での盲腸の手術ですと、自分は受けた事無いのでわかりませんが健康保険制度と高額医療免除の申請をすればおよそ10万円ちょいで出来ると思います。

アメリカでは・・・馬鹿高い医療費を個人負担しなくてはならないらしい。アメリカで盲腸の手術をすると治療費はいくらかかるのか? と言う記事をご紹介です。

トータルの金額が書いてあるが、55,029.31ドル(約575万円)だ。とても自分の手におえる金額ではない。幸い保険に入っていたのでその80%はなんとかまかなえたが、それでも残り11,119.53ドル(約116万円)を払えだなんて、今のぼくにとってはは大変な額だ。

今となっては大した病気では無いと扱われがちの盲腸ですが、死にますからね。治療しないと。

保険に入っててもアメリカでは100万円もかかるのかぁ。。住めませんな。アメリカ。と言うのもアメリカは既に有名な話しですが保険は民間企業のサービスであり、日本のような医療制度は存在しません。

もっと高額負担してくれる保険サービスもあるのでしょうが、掛け金が高くついてしまうので、一般市民には敷居が高いようなのです。

とは言っても僕だって健康保険料だけで毎月3-4万円程支払っています。元は全然取れてないぞ、と言うかそんだけ払ってもこないだ手術費で数十万払った。

アメリカよりむしろ日本の強制的且つ高い保険料の方がおかしいのかもしれません。でもいざと言う時を考えると・・・どちらも一長一短ですね。

術後の回復室にはせいぜい二時間しかいなかったのにその使用料は7,501ドル(78万円)、入院はたった1泊なのに、部屋代と食事代が4,878ドル(51万円)っていったいなんなんだ? それに、彼らは4,500ドル(47万円)もする麻酔を使ったようだ。

それにしても高い。日本ですと部屋代ってせいぜい1万円くらいじゃないの??なんだかゾッとしますね。

 



関連する記事

▲次の記事:犬派と猫派で年収や浮気クセ、モテ度が違ううらしいと判明!
▼前の記事:ギネス認定された猫は24歳【人間換算すると114歳!】



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map