トップ  >  子育て  >  マタニティーブルーは女性だけじゃ無い!男性(夫)も感じるブルー[産後うつ]

                    

マタニティーブルーは女性だけじゃ無い!男性(夫)も感じるブルー[産後うつ]

2014.05.26 (Mon) |  子育て

autumn-275920_640

マリッジブルーと言う言葉は良く聞きますが聞き慣れない(僕だけ?)マタニティブルー。要は赤ちゃんが出来て将来を憂いてしまう、所謂うつ状態を指します。

子供を育てる責任感・・・女性だけでは無く男性にも多くあるようです。10人に1人の父親が産後うつ状態「ベビーブルー」に! 子供の教育にも悪影響と言う記事です。

ノース・ウェスタン大学の研究によると、50%から80%の女性がマタニティーブルー(泣き出したり、性格が急変したり、睡眠障害や不安に襲われる等の症状)が起きる一方で、20代から30代の父親の10%が同じような症状に襲われるというのだ。

若いお父さん、いや、30代であれば決して若くないだろう。ナント10人に1人の若パパはマタニティブルーに陥っていると言います。元記事ではマタニティブルーでは無く、ベビーブルーとと言った方が分かりやすいだろうと言っています。

子供を持つ25歳前後の父親たち1万623人を対象に行った調査によると、68%もの若い父親にベビーブルーの危険性が見られ、それが近年増加している傾向にあるという。

子供が要ることでうつ病になってしまった父親は子供への教育に対し悪影響を及ぼすと言います。

なんだか気持ちが・・分かる。僕も20代前半で最初の子が生まれ育ててきました。もちろん将来が凄く不安であり、「まだ俺は若い・・」と言う感情から、遊び心が自分を憎しみました。

まー救い所があるとすれば既に沢山遊んでいたので、今となっては反動が無く穏やかに過ごせておりますが。

何はともあれ、このうつ状態は子供への虐待と強い因果関係を秘めているようですので、旦那さんの気持ち次第ですが強い志を持つ必要と場合によっては医師に頼る必要があります。

パートナーや自分にその気がある方らは医者や専門家に相談する事を強くオススメします。

産後うつとマタニティブルーの情報サイト&自助グループ「ママブルーネットワーク」 - 困ったらココリンク集

役立つかどうかわかりませんがネットで検索して上記のページを見つけました。

 



関連する記事

▲次の記事:中国ではタイムトラベル・アバター(2D版のみ)・ジャスミン・ゲーム機器の輸入が法律で禁止(ゲーム機は2014年より解禁)
▼前の記事:AKB48襲撃事件、早くも退院。川栄さんと入山さんが襲撃後の写真見て健康そうで何よりな件



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map