トップ  >  ファッション  >  今年の夏のバーゲン・セールはいつもと違う、早く終る場合も

                    

今年の夏のバーゲン・セールはいつもと違う、早く終る場合も

2014.07.11 (Fri) |  ファッション

sale-15339_640

毎年盛んに行われるセール!バーゲン!夏のバーゲンはお財布の紐も緩くなっており一番異性にモテたい季節。それを察してか販売側も多売傾向にあり一挙に値下げするケースも多い訳です。

お年玉セールなんてものもありますが、あれは逆にセールが終わってからの方が安い場合も。冬は本当に売れないですからね、商品。

そんなこんなで、ある意味一番買い時の夏のバーゲンですが、今年の夏はちょっと変??

もともと売れ残った衣料品などを一掃する目的ではじまったバーゲンセールは、ここ数年では7月早々に前倒開催することが主流になってきました。

Via:今年の夏バーゲンはいつもと違う?「お得」利用するために心がけることとは? | 節約ZINE

今年の夏のバーゲンは開始時期も遅く終了期も早い、謂わばど短期セールになるというのです。

ド短期で終了させる意味も確かに分かる。もともと売れ残りの在庫を一掃する企業にとってメリットのあるのがバーゲンの本来。

しかし近年ではユーザー本位のバーゲンが目立っており旬なオシャレで流行な服がガチで安い。

つまり売上は上がるが純利が経営費用についてこない悪循環になりつつあるという事です。本来で高粗利で売れる商材も他社との競争の為に薄利で多売しないといけない始末になっているという事。

消費増税の煽りが今年の夏を彩っているのでしょう。

ちなみにユナイテッドアローのセールも例年よりも遅い7月17日より開始という事です。(つまり・・かなり狙い目です。)

ユナイテッドアローズ公式通販 -UNITED ARROWS LTD.-(外部リンク)

また、時期は変えずに品揃えを減らす傾向にあるショップもあるとの事。ただお買い得なバーゲンでは無く、今年は(から)頭脳プレイなバーゲン戦争の勃発です。

僕はZOZOTOWNの動向を注視致します。

 



関連する記事

▲次の記事:フランスで書店を守る為に新設された法律【AMAZON送料無料禁止令】では、送料1円で設定へ
▼前の記事:フジテレビの敗因。社員も3分の2がまさかの異動へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map