トップ  >  政治  >  起業家に2年間年収650万円政府が支給へ。NEDO新エネルギー産業技術開発機構

                    

起業家に2年間年収650万円政府が支給へ。NEDO新エネルギー産業技術開発機構

2014.07.29 (Tue) |  政治

20140729212835
Via:NEDO:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

サラリーマンなど会社を辞めて企業する人に年収650万円を2年間政府が支給する制度が発表されました。

起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府 という記事によりますと、

起業家が、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の関連会社の契約社員になる形をとり、NEDOが生活費を「給与」として支払う。

公募は8月18日まで募集(もうすぐやんけ)15社(1社あたり3人迄)程度を選定予定。と言う訳で我々が企業するから政府のお助けを得られる訳では無い様子です。

なんのこっちゃ(*_*;無駄に公費が排出される極めて中途半端な施策だと思います。そもそも2年間でどんな大義が生まれるねん、国益になるような仕事は無理だと思うんですけどねー。この施策だけでも、単純計算で、

15x3(最大値)x2x650=58500万(1000万単位)

6億程度の出費で日本にとってどんな大企業が排出出来るのか??

カルロス・ゴーン(トヨタの社長)の給料にも満たないじゃないか。血税を小出しに排出する政策が微妙、最近の安倍内閣は安易です。

 



関連する記事

▲次の記事:脂肪が燃えやすくなる痩せる飲み物・飲料
▼前の記事:サービス残業の新呼称がネットで話題に「ワタミライフバランス」「ハイパー搾取タイム」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map