トップ  >  アニメ・漫画など  >  【Kindle】進撃の巨人を14巻迄読了した感想。

                    

【Kindle】進撃の巨人を14巻迄読了した感想。

2014.08.26 (Tue) |  アニメ・漫画など



最近、歯が悪くて歯医者に行きましてね、そこにあった進撃の巨人。流行ってから随分と経ちますが読んだ事が無い僕は思わず手にとって読んでみましたらね、たった10分の待ち時間で2巻の半分くらい迄読んでしまったんですよ。

あまりの面白さと間もなく医者に呼ばれる焦燥感から一気に読んで・・・欲しい!このマンガ欲しい!そんなマンガに出会ったのは【今日から俺は!!】以来で(20年以上前のマンガ)まさに進撃。

思わずiPhoneアプリのKindleで14巻迄全て買ってしまいました。

 




物語はここで書くには長すぎるのでザッと少しだけ。

【突然生誕した巨人達が人を喰う。人間が抗う。食われる。でも戦う。恐怖に屈した反乱分子がそれを否定する。王家は自分の事しか考えていない】というまー負の連鎖が続く仕様。最近はこんな暗いマンガが流行るんだな・・・エヴェンゲリオンもその最たるですから。

しかし進撃の巨人人間の本来の希望と勇気、人間賛歌を絶妙のタッチで書いており、人間の素晴らしさを上手く表現しています。

なお2011年3月11日以降は作品内容上、東日本大震災に絡めて評されることが多くなっている。『ダ・ヴィンチ』2011年6月号掲載の特集では「作中に登場する“前に巨人に襲われてから100年経っていたため脅威を忘れていた人々”や“自分の財産を守ろうとして人々の避難を邪魔した商人”などのキャラクター、そして“巨人”そのもの。これら全てが震災前に描かれたにもかかわらず震災を連想させるものばかりであり、震災後の日本と同じく本作も巨人から世界を取り戻すという“復興”を目指す作品である」とした上で、「ますます時代に関わる重要な作品になっていくだろう」と紹介している[59]。

Via:進撃の巨人 - Wikipedia

人々の本来の助け合い、見返りを求めない人間の愛情が深く描かれている事が凄く感動しています。

ここから先は是非買って読んでみて下さい。僕はiPhoneで読んだのですが、もっと大きな画面で読みたい!低価格の割に高性能だと聞くKindleFire・・買いたい・・・!多分買うぞ、オレ。

 



関連する記事

▲次の記事:即効!お腹をへこます方法『休眠筋肉を目覚めさせろ!』
▼前の記事:ご飯にかけるギョーザ(餃子)販売へ。肉は不使用で餃子の要素無いような気が・・



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map