トップ  >  生活  >  職場の冷房が寒すぎない?は要注意!仕事のやる気を無くす原因・生産性の低下

                    

職場の冷房が寒すぎない?は要注意!仕事のやる気を無くす原因・生産性の低下

2014.09.07 (Sun) |  生活

abstract-17898_640

寒い!すんげー寒い!PC業務関連のオフィスってスンゲー寒い所ってありません?着込める分暑いよりマシですが寒いんですよねー、身体をあまり動かさない仕事の環境って。そんでもって何故か仕事を捗らないのを自分のモチベのせいにしてません?

違うんです。実は室内温度とやる気には密接な関係がありました。

室内温度の低い環境(摂氏20度など)で作業をしている従業員は、暖かい室内(摂氏25度など)で仕事をしている従業員に比べると、ミスをする確率が44%高くなり、生産性は半分以下になるということが、米コーネル大学の研究によって実証されています。

Via:コーヒーなしでも生産性を上げる6つの代替案 | ライフハッカー[日本版]

44%ですよ??!これってマジで僕なんです。夏は暑い訳ですが、僕の夏はとにかく寒い。出荷班と同じ部屋のためか出荷班がクッソ寒い冷房環境、もはや冷蔵庫並の冷房をきかすんですよ。

それに耐えかねた全社員は室内のみ長袖着用している訳ですが、それでも寒いし室外に出る度に着替えもまーまーウザい。と言うか寒い。

なので、PCの前に座るとマジでヤル気失せる。まさか室内温度に敵がいたとは・・・。

ちなみに失せたヤル気を取り戻す方法は伝統的でもある居眠りが効果的な訳ですが(医学的根拠もある)緑茶が良いらしい。

緑茶にもカフェインは含まれていますが、一杯のコーヒーに含まれるカフェインよりは少ないため、神経に対する副作用のリスクもその分少ないのです。緑茶には精神を活性化させる作用があるだけではありません。頭脳の働きをシャープにする効果も確認されています。

しかし玉露はコーヒーよりもカフェインが含まれている為に注意が必要だと思います。何事も適度が大事です。

あーオレの職場のエアコン・・・25度くらいにならんかな??大型飲食店用のパワフルなエアコンであの狭い空間で19度は無いやろ(TдT)

 



関連する記事

▲次の記事:大阪の江崎グリコの看板が一時的に綾瀬はるかへ
▼前の記事:吉野家で牛カルビ定食を喰らう!!!!ウマ過ぎ安すぎ!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map