トップ  >  食べる  >  ジャガイモが発芽したような緑色の所って毒素がヤバイらしい件

                    

ジャガイモが発芽したような緑色の所って毒素がヤバイらしい件

2014.09.20 (Sat) |  食べる

agriculture-72254_640

ジャガイモって日持ちするような気がしますが、あまり放っておくと発芽します。発芽した部分は固いので削ぎ落として調理する事が常ですが、そのまま調理する人も多いのでは??

この毒素は「α―ソラニン」や「α―チャコニン」で、食べると吐いたり、下痢や腹痛、頭痛を起こしたりする。

Via:ジャガイモ毒素の遺伝子発見=品種改良に期待―理研やキリンなど – ガジェット通信

緑色に変化した部分の毒素。あーヤバイ。品種改良で、これら の毒素を取り除く研究が進んでるそうですが、逆を言えば今現在は毒素のまんま口に入れる可能性が高い訳です。

ジャガイモ調理の際は気を付けて下さい。

 



関連する記事

▲次の記事:安倍政権で上がらない給料と上がる物価と上がった消費税。知らない内に年間26万円家計を圧迫
▼前の記事:【しつけ】子どもを叱るのが良いが子どもが傷つく事以外に意味の無い言葉と、僕なり必要に思う子供へのあえての暴力



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map