トップ  >  生活  >  日傘には寿命があるらしい。UVカット効果は数年で無くなる。

                    

日傘には寿命があるらしい。UVカット効果は数年で無くなる。

2014.09.23 (Tue) |  生活

a0006_001909

日傘には寿命があるらしい。傘の骨が折れるで使えるんじゃ無いの寿命があるって知ってた?意外と知られていない「日傘の落とし穴」とはという記事です。

機能的な傘を選んでも、さらに注意しなくてはいけないのが日傘の寿命。UVカットの効果は2~3年ほど。

何時買ったか覚えていないような日傘はすでに日傘としての機能を失っている可能性があります。

また日傘を選ぶコツとして、どうしてもオシャレな傘に目が行きがちですが、

重要なのは、日傘の内側。内側が白色だと地面から照り返してきた紫外線を反射させてしまうため、照り返し対策には内側が黒い日傘を選ぶのがおすすめです。

雨傘は雨を除ける事が目的ですのでデザイン性重視でも良いかもしれませんが、オシャレを求めたい日傘って以外とチョイスが難しいんですね。

とは言っても僕は日傘使いませんけど。嫁がそういや毎年夏に使ってるな。。いつ買ったんだろうか。聞くと買わされそうだからやめておこう。

 



関連する記事

▲次の記事:たこ焼きの食べ方で気になった!神戸のお好み焼きが大阪風では無く広島風の理由と神戸でお好み焼きを食べる利点
▼前の記事:出世しない男の口癖と言うが素直で無い言い訳の方が出生しないのでは?すぐチェック!絶対出世しない男がよく使う「残念な口癖」4つという記事に物申す。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map