トップ  >  健康  >  二日酔いと喫煙・タバコとお酒の関係

                    

二日酔いと喫煙・タバコとお酒の関係

2015.09.16 (Wed) |  健康

指先でタバコに火をつける新進気鋭のマジシャン

酒で失敗の代表例と言えば取引先、友人への後悔の念が彷彿する失礼な行動と翌日の無断欠勤、もしくは会社を休んでしまう、またはヤってしまった!生で!であるかと思います。

自分よくやっちゃうんですよねー生でではなくて二日酔いで仕事さぼっちゃうの。ですのでなるべく二日酔いにならない方法、というかなってしまうメカニズムである飲酒とタバコについて自分へのログの為に書こうと思います。

a1640_000217

二日酔いとタバコって関係あるのか?と思ってはいたんですけど、気にせずプカプカと吸っては飲んでいました。翌日身体が怠い、起きれない、頭痛など様々な症状があり、実は今日も会社さぼってます(笑)笑い事ではありませんが、そこまで悪影響があるのであれば、飲酒中のタバコはやめなければ!思いつつもそうなれば理由がいります。

タバコにもアセトアルデヒドが含まれる


タイトル通りタバコにもアセトアルデヒドが含まれています。この成分は肝臓がアルコールを分解する過程で突然変異で出来るもので、脳への倦怠感や発ガン性リスクのある成分です。

タバコにもこれと同様の成分が含まれており、二日酔いへのダブルパンチとなるようです。

このアセトアルデヒドは実はアルコールよりも数倍ひどい有害物質で、吐き気や頭痛、倦怠感と言った二日酔いの原因の主犯であることが分かっています。

大量のお酒を飲むとその分アセトアルデヒドの発生率が上がるため、二日酔いの症状も重くなります。

Via:なぜタバコを吸いながらお酒を飲むと二日酔いになるのか? | 二日酔い防止マニュアル

またニコチンは脳へ快楽を与えますが、飲酒中はその快楽が倍増するそうです。

手持ち無沙汰でタバコが吸いたくなる訳では無く、ニコチンとアルコールは脳への快楽だけをフォーカスすると非常に相性が良いものだと言う事です。

翌日の悪影響を考えるとこれはかなり厄介。イケナイお薬レベルに厄介です。

お酒とタバコの両方服用やめますか?それとも人間やめますか?と言っても過言では無いほど身体に悪いです。マジで。翌日の悪影響半端ないです。

気にならない人は今の所大丈夫でしょうししんどくなればやめた方が良いと思うのですが、この記事に辿り着いたという事は何かしら酒とタバコに疑問を感じてる方がほとんどだと思います。

飲酒中の喫煙はやめましょう。絶対に。

 



関連する記事

▲次の記事:人差し指より薬指が長い男性は高収入でイケメンらしいという件
▼前の記事:萩原流行、死去。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map