トップ  >  仕事  >  仕事に追われて何も出来なくなってしまった人へ。8割捨てたら仕事は9割うまくいく

                    

仕事に追われて何も出来なくなってしまった人へ。8割捨てたら仕事は9割うまくいく

2012.10.24 (Wed) |  仕事

resize_20121024213051.jpg
毎度!おおきに!本日谷町9丁目(大阪)に人材教育、マネジメントの基礎という講座を受けに行った神戸のまさやんです。会社を経営されているであろう方から、私みたいな未熟者、またアルバイトという立場ながら学ぼうとする方と阪急百貨店の人材教育係の方など、多種様々な組み合わせでのミーティング形式での講座を受けてきました。

まず初めの質問が、「マネジメントとはどういう意味ですか?」と先生から全員に質問があり、人一人が答えていくのですが、焦りましたよー。マネジメントって喰えるんですか?ってくらいのレベルな私。だから講座受けにきたんじゃんって言いたい!答えは絞り出しましたけどね。一応。

「マネジメントとは、問題形成、そしてその問題の解決案を導く事だと思います!」と本の受け入りをそのまま話しましたよ^^;
って感じで進行したこの講座。そんな今日見つけた8割捨てたら仕事は9割うまくいくという記事。少しでもマネジメントに悩んでいる方に少しでもお役に立てたら幸いです。

■なんでも8割にこだわってみる
 ・しなくてもいいことは8割捨てる 
 ・力加減は8割で楽しみながら仕事をする
 ・嫌いな人、なれ合いを8割切る
 ・いらない情報やものを8割あると理解する
 ・8割あるグレーゾン時間を見直す


つまり、変に肩に力を入れずという所でしょうか。私もそうなのですが、8割で実は完了とします(実は2割)いつまでも拘って世に排出できないと、当然も売り上げも上がりません。それに、その肝心な売上が思ったよりかは伸びない!よくありますね。

そんな頃には次の企画にもうのめり込んでいます。もちろん、最中に前回の企画が思ってた利益が想像の80%しかなかった事に関しての反省はしますが、次回に活かすとします。

■仕事を3つの箱の分類する
 1の箱:私にしかできない仕事
 2の箱:他の人にもできる仕事
 3の箱:他の人の任せたほうがいい仕事
 (1の箱を確認して納期と照らし合わせて、仕事を見積もれば、残るのはやるべき2割)


ここでは、人材を使えがテーマですが、多くの管理職の方は、「俺がやった方が早い。教える時間が非常に長kyて、そんな時間は割けない」等と言います。が、それでは下は伸びません。言ってる事は分ります。絶対的に「俺がやった方が早い」です。でも、人を伸ばす管理職が絶対に思っちゃいけないワード第一位が「俺がやった方が早」なのです。これでは、いつまでたっても下は伸びませんから、会社の発展はありません。
更に、いつまでたっても同じ仕事を卒なくこなす上司の未来も実は知れています。時間がかかってでも、上司が部下に仕事を切り離して行くことが、最終的には会社を発展させる、社会貢献度を伸ばす近道なはずです。


■週休3日のつもりで仕事をする
 ・「3日休んで4日間で仕事を片づける」と考えてみる
 ・自然と自分でやるべき仕事と人に任せる仕事に仕分けをするようになる
 ・残った自分でやるべき仕事もいかに効率よくこなすかも考えるようになる


これは人によって様々ですね。休み無く仕事が生きがいで働く会社経営者の方も少なくありません。しかし、この余裕があってこそ働けるのではないでyそうか?「俺は休みなんかないんだ・・・」思った瞬間仕事の効率はやはり下がります。そうすると余計に休息の時間は無くなります。実際にそんなに休んでる訳では無いのでしょうが、余裕はいつでも持っておきたいですね。

■人の頭を借りる発想
 ・荷が重い仕事は、その道のプロや知識豊富な人の協力を仰ぐ
 ・そのためには普段から自分も心を開いて、相手に好きという意思表示をしておく


これは人に相談を仰ぐという重要なプロセスもあるのですが、その前に自分が相談される側でしたら、忠告しておきたい事が一つあります。

当然ながら、まず話しを聞く姿勢が大事です。最後まで聞く。話しの腰を折らない事。また、椅子に深く腰かけない、相手の右脳に安心感且つ信頼関係を保つ為左目を見る(右脳に働く為)監督側のスキルにかかっています。そもそも話しを持ちかけられる環境作りも大切ですからね。

■「期待値コントロール」で評価を上げる
 ・期待値と同じ成果では、いくら自分は頑張っても評価は上がらない
 ・期待値を超えた成果を上げると、他人の評価は上がる
 ・相手に認められたいなら、最初はあえて期待されないことも大切
 ・力がついてから、「絶対に成功させます!」と言えばいい


少し長丁場になりました。恐らく、ここまでお付き合い頂いてる方も少ないかも^^;(途中で飽きてこのサイトを閉じてる)最後まで有難う御座います。

最後の ・期待値と同じ成果では、いくら自分は頑張っても評価は上がらない・期待値を超えた成果を上げると、他人の評価は上がる

誰もが結構感じた題材ではないでしょうか?まず、職場の環境改善が必要なのかもしれません。これは確かに上司や社風にも問題があります。

目標や目的の設定の定義がありますが、目的に向かう為の目標であったり、人それぞれ色んな定義があると思います。しかし、目標が個人各々ですが、本来目的は会社で掲げた目的に邁進するべきです。

※目標、目的の定義については・・・気が向いたらブログします。ググって下さい笑

会社全体で取り組むべき問題ですし、だからといって諦めず、信じた自分の目標に迷わず進んで欲しいです。そのプロセスで問題に直面し、それを解決して人は大人になります(私は小6程度です)


あぁ・・疲れた。どーだ!参ったか!久々び長丁場な記事書いたぞ!いえい!俺凄い!


マネジメントは凄く大切だと思います。殺すもマネージャー、生かすもマネージャー。こいつはゆとりだから駄目なんだと言えば駄目になります。

責任は責任者に帰っします。

 



関連する記事

▲次の記事:ザリガニ違法漁。100万匹で1億円を荒稼ぎ
▼前の記事:パソコンが再び早くなる。CCleanerでとりあえず・・・後は以外な盲点。久しぶりにブログ更新です。(2日間だけですが)



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map