トップ  >  ▼虚構新聞特集  >  ボージョレ・ヌーボー、今年限り 240年の歴史に幕これは嘘ニュースです

                    

ボージョレ・ヌーボー、今年限り 240年の歴史に幕これは嘘ニュースです

2012.10.29 (Mon) |  ▼虚構新聞特集

毎度です!神戸のまさやんです。またや虚構新聞のおもしろいニュースを見つけました。特に面白かった部分を引用して紹介したいと思いまするでありんすよ!

11月15日に解禁されるフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が、今年限りで生産終了になる見込みであることが28日わかった。「評価のハードルが上がりすぎたこと」が原因だという。


何やら神妙な面持ちから始まるこのニュース。

※全て嘘の内容です。

だが、この祝辞において、過去の大臣は「10年に一度の一品」(96年)、「1976年以来の品質」(97年)、「100年に一度の出来」(03年)、「1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来」(10年)など、前年の大臣の発言を上回る評価をつけ続けており、業界関係者からは「もうこれ以上高評価をつけるのは難しいのではないか」という懸念も広がっていた。


アイフォンでもなんでも毎回過大評価しますもんね。

27日に到着した2012年産ボージョレ・ヌーボーについて、式典に出席したラ・フロマージュ仏農務大臣は「宇宙開闢(かいびゃく)以来最高の一品。人類はこの芳香なる1滴を作り上げるためだけにここまで進化してきたと言っても過言ではない。フランソワ・ラブレーの描いた大食漢ガルガンチュアもこの傑作が飲めないことを嘆いていることだろう」と評価した。



何やら皮肉ですなヽ(´∀`)ノ

帰国後の会見で、ラ・フロマージュ大臣は「これを上回る祝辞は存在しないし、させてはいけない」として、事実上の「ネタ切れ」を宣言。また「来年以降の大臣を苦しませないように」との配慮から、240年続いたボージョレ・ヌーボーの生産を今年限りで打ち切る見込みであることも明らかにした。


※これは嘘のニュースです。

この虚構新聞コーナーはほぼ引用記事しか載せてませんので、賛否両論がありますが、面白いので度々、紹介していきます。

今回も結構笑いました!

 



関連する記事

▲次の記事:給食の今がおかしい?!いくら子ども相手でも・・・
▼前の記事:大阪名物で食べたい物は?地域毎の食文化。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map