トップ  >  家飲み晩酌  >  焼酎飲み比べセットの千年の記憶を飲む!お湯割りの上手な割り方

                    

焼酎飲み比べセットの千年の記憶を飲む!お湯割りの上手な割り方

2012.12.09 (Sun) |  家飲み晩酌



毎度!千年の記憶という焼酎を頂きました!お歳暮です。千年の記憶・・・昨日の食事も思い出せない最近もの忘れが激しい神戸のまさやんです。

先日はCHONMA(ちょん馬)という兵庫県の西宮出身の麦焼酎を頂きましたが、本日は芋焼酎です。僕は芋焼酎が苦手ですが・・・こういう高そうな芋焼酎は飲めるんですよねー!


本格芋という事でどんな本格な芋焼酎を味あわせてくれるか?!



宮崎県出身のこの焼酎。



早速開けてみましょう!金縁が豪華だわ!



さっそく注いで頂きます。

焼酎をお湯で割るときの豆知識なのですが、(本画像は水で割ってますが)先にお湯を入れてから焼酎を入れましょう。

お湯の方が比重が軽い為に、焼酎と混ざり難い為、お湯割りで先に焼酎を入れると上手く混ぜるという意味ではNGです。

 



関連する記事

▲次の記事:300x600のアドセンスでイメージ(画像)広告が掲載されていたぞ!
▼前の記事:花門亭でだしお好み焼きや鉄板焼きを堪能してみる!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map