トップ  >  アフィリエイト・アドセンス  >  ブログで記事を引用や転載する時にたった1つのGoogle先生に嫌われない方法

                    

ブログで記事を引用や転載する時にたった1つのGoogle先生に嫌われない方法

毎度!神戸のまさやんです。今日は僕が今日ブログのSEO対策で知った非常に重要な事を書きたいと思います。たった一つの事なのですが、凄い重要な事に思えたので防備録としてブログします。
僕みたいなブログ(いわゆるまとめ系)をしていると、どうしてもニュースサイトや他ブログ様の記事の引用や転載が不可欠になってきます。法律的にそれってアリ?って言われそうですが、引用先の直リンクと引用元のサイト名、もしくは記事タイトルを明記しておけば著作権的にもそのた法律的にもOKなのですが(もちろん引用と分かるデザインは必要です。)

しかし!

ブロガーならお世話にならざる得ない、日本の検索エンジン使用率99%のGoogle先生に嫌われては検索から一切読者は訪れません。かの有名なYahooジャパンの検索ロボットもGoogle提供です。

そのGoogle先生はオリジナル記事が大好きです。引用記事は一切検索にHITさせません。実際に、2CHおまとめブログなんかはアクセスが激減し収入が100万円から7万円前後まで低下したという例もあります。

そうなると、引用はのせないべき?となる訳ですが、どのニュースサイトでもそうですが引用無しではやっていけません。そーなるとこれは引用、これは引用じゃない、とGoogke先生に識別頂く必要があります。

その方法は超簡単で、以下のHTMLを参照頂きたい。

<blockquote>~</blockquote></pre>

blockquoteのquoteは引用という意味があります。このコードをGoogleが認識し、オリジナル文面と引用を正しく読み取んでくれる為ペンギンさんの被害に合う事なくなります。

*ペンギンアップデート 白黒はっきりさせる、つまり検索結果に引用記事は一切反映させないの意味。

これを引用する時に囲むようにしましょう。(絶対とは言わないけど・・・)


あと、僕の経験上なのですがタグで囲んだ文面は例外のような気がします。が、本文にhタグを囲むと多分アウトですので、記事タイトルに留めておくべきです。

タイトルは非常に重要なSEOですね。


なんでこんな記事を書いたかというと、ネット入札詐欺事件、女性タレント(ほしのあき?)をサクラに? という記事を<blockquote>~</blockquote></pre>を用いて書いたのですが、サイト流入率が半端無く、この記事を書いた日だけでブログ歴代1位の検索流入記事になったからです。

いやー凄かったこの記事は。集客半端無い。芸能ネタは昔から検索流入率高いですが、小ワザも効いているのかもしれません。

 



関連する記事

▲次の記事:既婚者を好きになた時の対処法。好きになった人が既婚者。どうする? 女性編
▼前の記事:ネット入札詐欺事件、女性タレント(ほしのあき?)をサクラに?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map