トップ  >  仕事  >  元気いっぱいの新入社員は出世できない?

                    

元気いっぱいの新入社員は出世できない?

2013.01.22 (Tue) |  仕事

画像ビジネス

毎度!神戸のまさやんです。

ワタミグループ会長の渡邉美樹さんがハッスルする人は、出世できないのかという記事に対して答えていました。

[じゃーどうしたら俺は認めて貰えるんだ!]なんて思ってしまいそうですが、説明を聞いてると・・・なるへそ(古)みたいに妙に納得しました。ハッスル、勢いがある若者がいけない訳では無く、本質があるかそうかが問題のようです。

結局、彼らがひけらかす「元気」は、内実をともなわない虚勢なのです。


周囲に自己アピールをするのが主な目的で、質問の内容が二の次になってしまう方が多いという事が書いていました。そういった社員達は残念ながらほぼ辞めていったんだそう。何か嫌な事言うなー!寂しい気分になったぞ。ただ、その言い分というのが中々で、そういう自己顕示欲が強い人は、努力と評価のバランスを凄く気にするらしい。

幾ら努力しても認めて貰える量や質が低く感じ、「今の会社では自分をちゃんと評価してくれない」と判断して退社してしまうようです。

ん~分かる!分かるけど結果はもちろんだし、努力の内容は評価しなくちゃいけないんでしょうけど、それを評価するのはやっぱり自分では無く相手な訳ですから、自分の努力を認めてくれないと悲嘆するのもお門違いと言えばそこまでです。

では逆に伸びるタイプの人は?

逆に、長い目で見たら伸びるのが「鈍くさい」人です。
「鈍」といっても、決して賢くないわけではありません。あざとい動きをせず、最初は損に見えることでも「とりあえず全力で取り組んでみよう」と思うことのできる健やかさを持っているのです


なんでも全力取り込む姿勢が大事というのは僕も同じ意見です。出来ないかも?も出来ると言い聞かして何でもやってきました。(嘘。本当は結構断った)それこそ何でもとりあえずチャレンジして、失敗は成功の母ですから。そこに評価されたいという気持ちはもしかしたら無いのかもしれません。

純粋に目の前のミッションをこなして行くのが大切なんですね。短距離で目立つのでは無く、長距離でしっかり走り込める奴が出世する傾向にあるんだとか。

なるほどなー!でも多少の自己顕示欲があっても僕はいいと思うのですよね!生意気であっても言った事を最終的にはこなすのもアリだと思います。

あ、

それがもしかしたら逆に、

「長い目で見たら伸びるのが「鈍くさい」人です。」



という事なのかもしれませんね!

 



関連する記事

▲次の記事:「華原朋美はそういう人だ」ノーギャラ華原に佐藤パンチが感動
▼前の記事:サイゼリヤ(名谷)にてハンバーグと焼肉のセットを食らう!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map