トップ  >  生き物  >  宮城の被災地でネズミが大量発生?!ネズミの生態について

                    

宮城の被災地でネズミが大量発生?!ネズミの生態について

2013.01.24 (Thu) |  生き物

画像動物

毎度!神戸のまさやんです。

ネズミが大量発生・・・なんと靴(クツ)の中にも入っているんだとか・・・ネズミ急増、仮設荒らす 被災者新たなストレス 宮城・山元というニュースを発見しました。東日本大震災の被災地で新たなストレスがでてしまったようです。

「こんなに掛かってるよ。震災前は1年に2、3匹出れば多い方だったのに」。同町笠野地区にある普門寺の坂野文俊住職(50)は、粘着シートに掛かったネズミ数匹を見てため息をついた。


僕は地域がらのせいかネズミを見た事があんまりありません。夜中12時、終電が終わった繁華街のJRの駅前は一時期すごい数のネズミがいたのを見ましたが、ネズミがお家に氾濫するなんて・・・怖くて眠れないわ!ハムスターは飼った事あるけど。

ネズミが氾濫する環境とは?

繁殖力が旺盛である。ハツカネズミなどのネズミは一度の出産で6~8匹生むことが出来、わずか3~4週間程度で性成熟し子供が産めるようになる。
Via:Wikipedia


ぬー!!!!わずか3週間で生まれるのですねΣ(゚∀゚ノ)ノ

そりゃー多くなるわな。。。またWikipedia:ネズミによると、塩を舐めているだけで交尾をしなくても受胎すると考えられていて、繁殖力が強い事は知られていたと書いてあります。

若干どういう意味あ分かりませんが、メズだけで完結する種のようです。これは聞いた話しなのですが、ネズミはオスしかいない環境だと数匹がメスに性転換を自動的に行う事も可能なようです。(ぬー!!!)

また被災地では以下のような苦情も寄せられています。

「鳴き声や走り回る音が気になって眠れない」「エアコンの配線がかじられて壊れた」「子どもの靴の中で繁殖していた」などの声が寄せられている。
 渡辺日出夫副センター長は「不自由な生活を強いられている住民が、新たなストレスを抱えて体調を崩しかねない」と気をもむ。


ネズミ駆除を業者に依頼するには、その家屋のオーナーの許可がいるようです。つまり借家やマンションだと迂闊に駆除を頼むと法に触れるんだとか。それならば、仮設オーナー(自治体)が早急に対応してほしいですね!

 



関連する記事

▲次の記事:冬のエアコンの節約術 部屋を暖かくするにはプチプチです
▼前の記事:ワカメちゃんがパンツを見せる理由 当時のファッションだった?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map