トップ  >  生き物  >  天然記念物指定ヤンバルクイナの事故最多

                    

天然記念物指定ヤンバルクイナの事故最多

2013.01.28 (Mon) |  生き物

シンフォレストDVD 日本の珍鳥 映像図鑑 野鳥たちとの奇跡の遭遇

毎度!神戸のまさやんです。

沖縄県に生息している天然記念物のヤンバルクイナが去年の交通事故最多だったと報じられています。ヤンバルクイナの交通事故、3年連続で過去最多という事ですが、これは最近の動物の保護意識向上による通報が多くなったっていうのもあるようです。

クイナがひかれる事故は1990年代、年に1件あるかないかだったが、2005年に2桁になり、10年に33件、11年37件、12年44件と増え続けている。


この増加傾向というのは先程書きました保護意識向上による通報もあるのだとの事ですが、保護下におかれているヤンバルクイナが人間に慣れており人里におりてきてしまうのも原因の一つだという事です。

少し話しは変わりますが、バードストライクという言葉を知っていますか?バードストライクとは新幹線や飛行機に鳥が接触してしまう事故の事です。

新幹線の技術が向上してスピードが早くなると、その年のバードストライクの件数は上昇するようなのです。が、数年後にはまた元の水準に戻るようなのです。原因の究明は出来ていませんが、鳥達が学習するのでは?という説もあるようです。

・・・関係無い話し失礼。しかもこれじゃヤンバルクイナは学習しないのか?というような文章になってしまった!全くそんな事思っておりませんので悪しからず^^;


またWikipedia:ヤンバルクイナによりますと1985年頃迄には1200羽いたヤンバルクイナは2005年では717羽程度しか生存していないと推測されていて、将来的に絶滅が予想されていると書いてありました。

えー!!!事故が毎年33件も起きているとなると後10年後には絶滅する計算になりますよ?!ちなみに事故後の生存確率は10%くらいだそうです。

人事だけど人事では無いですね。環境保護の意識を高くもたないとなぁ!

そういえば最近”ミノムシ”もみなくなりましたね。僕が幼少期の頃にはそこらの木にぶら下がっていたのになぁ。

絶滅危惧種の話しを聞く度にミノムシを思いだしてしまいます。あ、後メダカも最近絶滅危惧に指定されているようです。

 



関連する記事

▲次の記事:上戸彩、EXILEのHIRO 子作休暇直訴も虚しく
▼前の記事:日本の道路で事故が起きそうな通学路は?事故が実際に多い県のワースト1位は香川県



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map