トップ  >  子育て  >  体罰や虐め、その温床について考えてみる

                    

体罰や虐め、その温床について考えてみる

2013.02.02 (Sat) |  子育て

画像学校

毎度!神戸のまさやんです。

あまりい大々的に取り上げてられているニュースではありませんが、はげなどと言われ…中学教諭、生徒16人に体罰という報道がされていました。最近体罰問題が度々浮上していますが、後を絶たないのが気になります。

「うるせー、ばか、はげ、死ね」と暴言を吐いた。男性教諭は発言した生徒に名乗り出るよう求めたが、返事がなかったため、その場にいた生徒16人を廊下に正座させて頬を1回ずつたたいた。けがはなかった。


子どもたちの心無いヤジについカッとしてしまって体罰に繋がったようです。

僕が思うにですね、この先生は普段怒らな過ぎたんだと思う訳ですよ!そして鬱憤が溜まって違う自分が噴火した---これは最近の”生徒を怒ってはいけない”の代償だと感じるんですよ。最近のニュースであった生活指導「体罰認めるか、出席停止を」 橋下氏が発言という記事もありますが・・・

橋下市長はスポーツ指導での体罰は絶対禁止とする一方、全市立学校の調査を行い実態解明が終わるまでは生活指導での体罰について判断を保留しているが、具体的な方策を例示したのは初めて。


一部の教師の暴挙やそれを抑止しようとする政治が他の善良且つ、有志を抱いて先生になった”大人”達のゆ有志までそぎ落としているように思えます。

「過去にも暴言はあったが、今回は名乗り出ないことが許せなかった。体罰が報道されている中でこんなことをして申し訳ない」と話したという。同校は2日、体罰を受けた生徒と保護者に経緯を説明し、謝罪した。


確かに大人である先生の対応の酷さも伺えます。そうさしてしまった政治や世論、親にも問題があるのだと感じるの僕だけでしょうか?

親は確かに子を守りたい・・・しかし今のままじゃその考えが本末転倒、それこそ虐めや体罰の温床になっている気がします。

 



関連する記事

▲次の記事:男性が女性に言われて最も嬉しい(興奮)するセリフ
▼前の記事:日本人は気軽に物を言い過ぎ?パワハラで逆に営業力衰退へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map