トップ  >  芸能・エンタメ  >  ビートたけしと松本人はどちらが天才か?たけし51.5%で圧勝

                    

ビートたけしと松本人はどちらが天才か?たけし51.5%で圧勝

2013.02.11 (Mon) |  芸能・エンタメ

映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラック

毎度!神戸のまさやんです。

ビートたけしさんと松本人志はどっちが天災天才?!どちらも映画監督として世界に進出をして成功を収めている方たちですが、ビートたけしと松本人志 より「天才」だと感じられるのは?というリサーチを見つけました。一体誰がこんな企画思いつくの??なんて思っちゃいますが、僕からしたらどちらも天災天才な気がするですけどねぇ。

ん?どっちでもいい?そんな事言うなー!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

ちなみにアンケート結果ではどちらも天才では無いが37.2%という結果でやや辛口でした。
さて、どちらも天才だと言いましたけど、今回の調査アンケート対象者は3万3995人という大規模な人数にて実施されたようです。

・ビートたけし:51.5%
・松本人志:11.4%
・どちらにも似合わない:37.2%


こ・・・これは・・・(・ω・ノ)ノ!松ちゃんは惨敗ですね。

確かに松本人志さんの映画って面白くない斬新な映画が多いですからね。対するビートたけしさんの映画は心に残ってる映画もみなさん少なからずあると思います。

ビートたけし-Wikipediaによりますと

その男、凶暴につき(1989年)
3-4X10月(さんたいよんえっくすじゅうがつ)(1990年)
あの夏、いちばん静かな海。(1991年)
ソナチネ(1993年)
みんな〜やってるか!(1995年)
キッズ・リターン(1996年)
HANA-BI(1998年)
菊次郎の夏(1999年)
BROTHER(2001年)
Dolls(2002年)
座頭市(2003年)
TAKESHIS'(2005年)
監督・ばんざい!(2007年)
アキレスと亀(2008年)
アウトレイジ(2010年)
アウトレイジ ビヨンド(2012年)


むちゃくちゃ映画撮ってんのね。僕はBROTHERがすっごく好きでした。あのカッコいい任侠(ヤクザ)系の男気あるビートたけし・・・カッコ良かったなぁ。

松本人志さんも確かに天才だとは思います。漫才の松ちゃんめっちゃオモシロイですもん!ダウンタウンが面白いのは松本人志さんのあの類稀なボケがあるこそなんだと!

「ごっつの頃は天才だった。誰が何と言おうとも」
「努力を超えた才能の持ち主という意味で」
「お笑いの質は断然、松本人志のほうが上」
「『芸人』としてなら松本、『クリエイター』としてならたけしってところかな」
「たけしは意外と常識人。 対して松本は頭おかしい。 天才とは頭のおかしいもの」


そうだよねーやっぱそうだ!”ごっつ”は面白かった!しかも、正直お笑いとしてのビートたけしさんは、昔を見て無いからかもしれませんが、あんまおもしろくないような気がする・・・(失礼)みなさんはどっち派ですか?


 



関連する記事

▲次の記事:神戸のまさやんの戯れ言「神戸まさやん」で検索しないで
▼前の記事:びっくりドンキーでチーズパケットディッシュを喰らう!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map