トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  一般ニュース  >  袋麺の生麺感覚が人気の火。日清は2番手だかサンヨー食品訴える

                    

スポンサーサイト

--.--.-- (--) |  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋麺の生麺感覚が人気の火。日清は2番手だかサンヨー食品訴える

2013.02.11 (Mon) |  一般ニュース

画像ラーメン

毎度!ラーメン大好き小池コニシさんです。

最近の袋インスタントラーメン美味しいですねぇー袋入り即席ラーメン好調、生麺の食感で人気に火という記事が報道される程です。最近生麺感覚が多すぎて逆にサッポロ一番やチキンラーメン、またはカップヌードルが食べたくなってしまう僕ですが、みなさんはラーメンライフ満喫してますか?あ、関係ないですが、

日清 カップヌードル 77g×20個

このか”カップヌードルの”ド”の字、何でこの文字だけ小さいか知ってますか?
これはヌードルって文字が並ぶと、”ヌード”という文字が浮き彫りになり教育上問題がある、だから”ヌード”という文字の印象を薄くする為、ドの字をって小さくしたらしいです。

さてさて、袋麺やカップ麺と言えば”特売”時に買えが鉄則。スーパーであれば1カップ麺は00円以下、袋麺は5食入り298円から激安で198円が常識になりつつあります。(我が家はケチだから)

昨年8月に関東地方などで地域限定で発売した袋麺「日清ラ王」は、「特売なしでも売れる。生産が追いつかない」(日清食品の中川晋社長)状態が続く。


なんとまぁ嬉しい悲鳴。ぼくの会社は安売り合戦で飲み込まれて死ぬ勢いだぞ(ローン35年出来立てほやほやな僕なのに└(T_T;)┘)

日清はサンヨー食品(サッポロ一番)に対し生麺製法をパクったと称して約2億7千万円の損害賠償を求めていますが・・・

生麺風製法で先陣を切ったのは、2011年11月に発売した東洋水産「マルちゃん正麺」で、発売後1年で2億食を販売した。同社も15億円投じて設備を増強し、年間3億食を目指す。


口火を切っていたのは日清では無く東洋水産・・・フ(´-ω-`)日清って他社から力を仕入れて他社を落とすような会社でしたっけ??日清と言えば即席ラーメンのパイオニアだったのに・・・なんだか残念ですね。

呑みネタでは以下のような記事も書いています。

どん兵衛の日清VSサッポロ一番のサンヨー 大阪地裁に提訴で法廷バトル?!

 



関連する記事

▲次の記事:まれに「目のがん」もある 目が痒くなると手をやる人は要注意
▼前の記事:神戸のまさやんの戯れ言「神戸まさやん」で検索しないで



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。