トップ  >  子育て  >  父親と子供の愛情の温度差。家に居場所が無くなる父親の特徴

                    

父親と子供の愛情の温度差。家に居場所が無くなる父親の特徴

2013.02.27 (Wed) |  子育て

画像男性1人

父親になってもうすぐ6年が経とうとしていますが家に居場所がなくなりがちな父親、5つの特徴という何とも言いようの無い気持ちになってしまう記事を発見。寝る場所だけで言えばすでに居場所が無い僕ですが、自分で気付いていない所で除々に居場所が無くなってるのかも?!

(1)帰宅が遅い
(2)酔って帰る
(3)自分のことを棚に上げて説教する
(4)自分の身の回りのことができず、行儀が悪い
(5)無趣味


自分の事を棚に上げて説教する・・大人ならみんなそーじゃん!(・へ・)と言いたくなりますが、そこが棚に上げているという事なのでしょうか。

無趣味といのも何か引っかかるなぁ!と言うのも趣味は酒です。つまり酔って帰るというオプションがもれなく付いてきてしまう。しかも酒って趣味じゃ無いですもんね(´・ω・`)

また自分が父親である事にちゃんと自覚してると思っているそこのあなた!実はその愛情全然伝わっていないかも?!

「子供は自分の“分身”だと感じる」という質問にYESと回答した割合は、育児をあまりしていない男性だけが非常に高かった……


育児をしていない父親程子供を大事とは思っている・・・子供が中高生くらいに育った時に愛情の温度差が父子で起こるのかもしれません。

ん~自分が思春期の頃を思いだす。ヤバい、ちゃんと育児も分担しないと子がどんどん離れて行ってしまいそうですね。

 



関連する記事

▲次の記事:離婚する夫婦の会話3分で分かる?!お互いを見下したらアウト
▼前の記事:ノンスタイル井上が2年連続ブサイク1位を達成



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map