トップ  >  一般ニュース  >  中国政府が『周刊POST』を危険メディア認定 「中国の傍若無人な行為を看過するわけにはいかない。」

                    

中国政府が『周刊POST』を危険メディア認定 「中国の傍若無人な行為を看過するわけにはいかない。」

2013.03.11 (Mon) |  一般ニュース

seven20130311.png
http://www.news-postseven.com/archives/20130311_175904.html


毎度!神戸のまさやんです。報道規制を政府が行う中国にて日本の報道を危険視する動きが見られたようです!中国政府が『周刊POST』を危険メディア認定 TVでも報じるという記事が『周刊POST』で掲載されていました。いやはや挑発的ですが・・もっとやれ『周刊POST』( ゚д゚)

国家海洋局(日本の海上保安庁に相当)はHP上で「中国を挑発する行為は、大きな代償を支払う」と“報復”を宣言し、中国のTVメディアは〈周刊「POST」〉の報道を紹介した。


以前にこの『周刊POST』で書かれた記事に対して中国政府が警戒の意を表明しているようです。民間報道機関が書いた一つの記事に対しても過剰に反応する中国政府、念入りというかさすが独裁国家。国内で民主化運動をしただけで強制収容所(みたいなとこ)に収監されるようなお国ですから、怖いです。

ではその記事ってどんな記事だったの??気になる方は以下のソースをどうぞ。

20130220132013201325_173417.jpg
http://www.news-postseven.com/archives/20130225_173417.html


「日本漁船への威嚇行為は過去にもあったが、90分間もの追跡は前例がない。善幸丸を捕まえ、『中国の領海に侵入した日本船を拿捕した』と、強引に世界にアピールするという狙いまで中国側は考え始めているのではないか」
“尖閣有事”はいつ起きても不思議ではない。
Via:日本漁船に威嚇繰り返した中国艦と海保巡視船の一触即発写真


週刊誌なら普通にいくらでも書いてそうな今に始まった事では無い記事にも見えますが・・・しかも日本の船が中国に嫌がらせを受けたという記事です。書いてこその報道機関だと思うのですが・・・嫌ならまず国民が日本漁船に嫌がらせした事を謝罪してよ!!と言いたくなる。

とにもかくにも本誌報道を高く評価(?)してくれたことには感謝しよう。だが、そんな恫喝に屈して中国の傍若無人な行為を看過するわけにはいかない。


いやはや、日本の報道も捨てたたもんじゃ無いというセリフです。頑張って欲しいです。

 



関連する記事

▲次の記事:志村けん体調不良「ひどいめまい。いつもと体調違う。病院に行きたい」
▼前の記事:民放の暗黙ルール?劇団ひとりの顔に謎のモザイク



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map