トップ  >  小ネタ  >  卵と玉子の違い。赤い玉子と白い玉子の違い

                    

卵と玉子の違い。赤い玉子と白い玉子の違い

2013.03.16 (Sat) |  小ネタ

画像卵

別に気になっていなかったのですが簡単に“ゆで玉子”の殻をむく方法を読んでいると卵と玉子の違いが書いていましたのでログしておきます。

卵と玉子の違いって??



“卵”のほうは生物学上の“卵”でこれは魚の卵や恐竜の卵など全ての“卵”に使われます。“玉子”の方は主に鶏の卵を指し、正式な名称と言うよりは“愛称”や“商品名”に近いニュアンスが含まれています。



気にしていなさ過ぎて気づかなかったのですが、玉子と卵は確かに書き方が違います。

卵の方が一般的なような気がする(主観的ですが)けど生卵、生玉子、どっちで認識してますか??あれ??話しがややこしくなった( ゚д゚)

要は鶏のタマゴの時のみ玉子と使用しても可で覚えておくと良さそうです。

赤い玉子と白い玉子の違い


これはちょっと前に知った事なのですが、味や栄養には一切関係ありません。赤い方が美味しそうというのは勘違い。これは地鶏ブームのせいで赤い方が美味しそうという誤解が生じてしまっているようなんです。

白い卵は“白い鶏”で茶色い卵は“茶色い鶏”から産まれたと思って、ほぼ間違いないです。


名古屋コーチンが赤い鶏で赤い玉子を生む=赤い方が美味い、という風になったの(かも)です。

ゆで卵を上手に剥く方法


まず鍋に室温に戻した卵を入れて卵が半分近く浸かるくらいまで水を張り鍋に蓋をしてコンロで弱火にかけます。そして沸騰してから3分したら火を止めて5分ほど蒸らします。


という事で、ゆで卵の上手な剥き方って色々取り沙汰されていますが、決定打は無いようです。僕は茹で玉子の両先端に小指より少し小さい程度の穴を開けて、息を吹き込む方法を採用していますが、他人に提供するとなると、衛生的にダメですもんね。必ずしも上手く行くとは限らないし。

結局茹で方で剥きやすいかどうかは決まるそうです。後は鮮度。古い玉子の方が剥きやすいそうです。
※今回の茹で方でいくと鮮度関係無く剥きやすいそうです。

「簡単にゆで玉子の殻をむく方法」と言いながら“卵のゆで方”で完結してしまう辺りが疑問ですが、はっきり言って普通にゆでてしまった時点で負けです。殻をむく段階でのテクニックと言えば“殻の下にある膜をむく感じで”ってことしかアドバイスできません。


たかが茹で卵ですが、奥が深いんですねぇ。

 



関連する記事

▲次の記事:「お前の物は俺のもの、俺のものは俺のもの」ジャイアンの口癖はイギリスのことわざだった!?
▼前の記事:クエクエ言ったら逮捕。言ったら猥褻容疑で逮捕。クエクエ逮捕。アボーンな件



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map